家相、風水は必要か?風水や家相に振り回されてしまった時

スポンサーリンク
家相や風水に振り回されて悩む女 ブログ

家相や風水を取り入れた家づくりをしようと、複数のサイトを見たり、いろいろな先生の本を勉強すると、

「言ってることが全然違う!」
「どれを信頼すればいいのか、わからない!!!」

と混乱することがあると思います。

本当に風水や家相は必要なものなのでしょうか?

スポンサーリンク

家相や風水は、流派によって解釈が大きく異なることも!?

家相や風水というのは、流派や先生によっても解釈が違うことがあります。

風水にしても家相にしても、遡れば本流があるはずでしょうが、なんせ大昔からあるものですから支流は多数存在し、師匠から弟子に受け継がれてきた過程で、経験から得た新しい解釈が付け加えられ、的中率を高めようと時には複数の占術を合体させ、混ざり合って変化して今に至っている訳で、流派や先生によって解釈や教え方が異なります。

しかし、どれが正しいか間違っているかということは、簡単に判定できるものではありませんし、風水や家相なんてものは、もともと明確な答えがでるものではない、曖昧なもの!という認識でいなければ、振り回されるばかりで、いつまで経ってもプランは決まらず、家は建ちません!

どれを信じるかは人それぞれで、ご自身の心に響いたものを実践すればよいのだと思います。何を信じるか・信じないかは個人の自由ですから。

また、疑念を抱きながら家づくりを進めても、建築後も”もやもや”と心にしこりが残るようでは、安心感は得られず、これでは風水や家相に頼る意味がありません。

悪事を働いても、家相や風水が最高の家に住めば安泰!という考えも誤りです。結局は、住んでいる人の行いが悪ければ、不幸になることもあるのです。

「家相や風水なんて、所詮気休めであり、どれも怪しい・胡散臭い」と感じるなら、家相も風水も気にせずに、自由な家を建てたらよいのです。

様々な情報に振り回されて、一体、何が正しいのか、何を信じていいのか、わからなくなることがありますが、大事なのは住む人が心穏やかに、安心して暮らせる家を作ることです。

どうかそれを見失わないでください。

占いの類は、どっぷりと漬からずに、適度な距離感を保つことが大切です。矛盾とぶつかっても、「所詮占いだから」と受け流すこと!

白黒はっきりさせたいタチで、簡単に受け流せないなら、できれば家相や風水には関わらないのが賢明だと思います。

スポンサーリンク

家相や風水にこだわる必要があるのか?

また、それ以前に、風水や家相を気にしなければ、もっとオシャレで、住みやすい間取りが作れるのは確かです!

家相では土地や建物の「欠け」や「張り」を気にするため、変形地では家相的に良い家を作ることが難しくなるため、できるだけ避けるようにオススメしています。

小さな敷地に建てる狭小住宅も、家相を気にしていてはプランニングが成り立ちませんから、家相にこだわるなら避けた方が良いでしょう。

しかし、変形地や狭小住宅なら予算内で購入できるのに、家相を切り捨てられないばっかりに、住みたい街を諦めなくてはならなくなるかもしれませんし、資金が余分に掛かってしまうこともあります。

間取りについても、門や玄関、水回りの位置にも制限があって、あれもダメ、これもダメがたくさんあるのです。

それを忠実に守ると、使い勝手の悪い間取りになってしまったり、「欠け」や「張り」ばかりを気にしていると、外観に凹凸があるデザイナーズ住宅のようなオシャレな家には住めずに、凹凸の少ないのっぺりとした家にせざるを得なくなる場合も。

多少、間取りが使い辛くて住みにくくても、垢ぬけていなくても、お金が掛かっても、それでも風水や家相にこだわった家を作るか否か。

私は家相を捨てきれないタイプの人間です。どんなに立派でオシャレな家であっても、家相が悪いと、それが気になって心穏やかには暮らせないからです。

よって、 誰が何と言おうと、私にとって家相は重要なことなのですが、もちろん皆さまに強制する気はありません。

「風水や家相なんて時代遅れの迷信!!」と、家相や風水を信じずにマイホームを購入しても、幸せに暮らしている人はたくさんいますし、大事なのはその家に住む住人が何を優先するかに尽きるのです。

これを読まれた皆様は、ご自分やご家族が安定した気持ちで暮らすために、こだわりたい部分をよくよく考えて、後悔のないマイホームを手に入れてくださいね。

参考記事

タイトルとURLをコピーしました