接道部分が少ない旗竿地は避けるべし!敷延の問題点とは?

スポンサーリンク
旗竿地の図 地相 土地選び

風水や家相では、土地と道路の関係はとても重要で、旗竿地(はたざおち)は、避けたほうが無難な土地のひとつです。

「気」は道路から入ってくるため、他人の敷地を通らなければ自分の敷地に入れないような、いわゆる接道されていない土地や、接道部分が少ない旗竿地などは、うまく「気」を取り入れることが出来ないからです

他にも旗竿地には様々な問題がありますのでご紹介します。

スポンサーリンク

旗竿地とは

旗竿地(はたざおち)というのは、道路に接する部分が少ない、竿(さお)に旗を付けたような形状をしている土地のことで、前面道路との間に別の建物が建っているケースが多く、細い通路の奥に土地があり、道路からはほとんど見えません。   旗竿地は「敷地延長」や「敷延」と呼ばれることもあります。

旗竿地の図

旗竿地は、四方を家で囲まれていることが多く、日当たりも、風通しも悪くなるため、良い「気」が入って来ません。   また、どの窓を開けても家家家…景色や開放感を求めることはできませんし、たまたま南側や東側に隣家が無くても、20年後30年後はどうなるかは分かりません。

スポンサーリンク

旗竿地のデメリット

昔は接道義務がなかったため、このような土地にも家は建てられましたが、現在は建築基準法上、竿幅が狭いと建て替えができず、古家をリフォームするしかないケースがあります。   また、

  • 奥まっていることで防犯上不安がある
  • 火災時に消防車や救急車がそばまで入れない
  • トラックがそばまで入れないので建築費用が嵩む
  • 大きな車は購入できない
  • 縦列駐車となるため、車が2台以上ある場合は日常的に不便
  • 竿部分に勝手に駐車される

など、旗竿地は風水の問題以外にも何かと問題の多い土地なのです。

少し前に放送された不動産屋が主役のTVドラマの中で、『旗竿地は通りから見えないため、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)の方が、人目を気にせずに愛し合える隠れ家のような家』というセールスポイントを武器に、再建築不可物件を売っていましたが、確かに奥まっているため、不特定多数の視線に晒される機会は少ないので、静かで密やかな気もしますが、周りをぐるりと家に囲まれているので、住んでみるとご近所の目が近いこともあるはずです。

実際に旗竿地に住む知人の話では、隣家が近くて息がつまると感じるそうで、「お金があったら、前の家の土地を買いたい!!!」と家族全員が考えているのだとか。

スポンサーリンク

旗竿地は将来的に資産価値が0になるかも!?

また、周辺環境はもちろん、法律・法令も変化していく可能性があるものですから、今は大丈夫でも、20年、30年、50年、100年後は大きく変わって、資産的価値のない、売りたくても売れない土地になってしまう可能性もあります。

以前の基準では、竿幅が1間(1.8m)あれば再建築できたのが、現在では(前面道路幅4m以上の場合で)2m以上接してないと建て替えができなくなりました。 万が一これが、将来2.5m以上に基準が変わったとしたら、竿幅が2mしかない土地は更地にすると再建築不可になるため、その土地の価値はさらに大きく下がるでしょう。

現在でも大きな土地を分筆して分譲する際に、旗竿地にして販売しているケースもありますが、↓のAやBのような土地は、いくら安くても買ってはいけません!

旗竿地を売り出している分譲地

先祖代々住んでいる土地が、たまたま旗竿地の場合は仕方がありませんが、次の代となる子や孫のためにも、あなたの代でわざわざ旗竿地を購入することは避けましょう。

旗竿地は人気がないから安いのです!安さ以外のメリットは少ないと私は考えます。 不動産屋に丸め込まれないでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました