家相や風水を気にするなら選んではいけない土地

スポンサーリンク
売地の看板 地相 土地選び

マイホームの土地選びにおいて、風水や家相にこだわった家を持ちたい人は、絶対に買ってはいけない土地をご紹介します。

間取りやインテリアの問題なら、リフォームや建て替えで対処できることがありますが、土地の場合は引っ越すという選択しかない場合もあります。

他にも家相や風水的におススメできない土地の条件はいくつもありますが、 特にここで紹介する条件の土地は、引っ越し以外の回避策がほとんどないため、後悔しないよう充分に検討してください。

スポンサーリンク

1.三角地

変形地は格安で売り出されることがあるため、心が揺れるものです。そんな変形地の中でも、三角地は大凶と言われていますので、いくら安くても買ってはいけない土地のひとつです。

スポンサーリンク

2.T字路の突き当り袋小路の末端カーブの外側

どんたく・路殺・路冲殺 と呼ばれるT路地やクランクの突き当り、袋小路の末端、道路・線路・河川のカーブの外側は、事故が起こりやすく、運気が停滞したり、家が衰退すると言われています。 区画整理でもない限りは回避が難しいため、購入しない方が良いでしょう。

どんつき,どんたくの土地

スポンサーリンク

3.旗竿地(敷地延長)

旗竿地を売り出している分譲地

道路との接道面が少ない土地は、「気」が入り辛くなります。今でも大きな土地を旗竿地にして売りに出すことがありますが、上の図のAやBの土地は買うべきではありません。

スポンサーリンク

4.四方道路、三方道路

四方道路の図

旗竿地のように、接道面が少ない土地は気が入りにくいのですが、逆に接道面が多すぎるのも実は凶になります。こちらも建て替えでは回避できない問題です。

スポンサーリンク

5.「欠け」のある土地

北西、南東に欠けがある土地

特に土地の北西方向の「欠け」は、主人の運が下がり、家全体が衰退していきますから、少しの欠けでも避けましょう。その他の方角もできるだけ「欠け」がない、矩形(長方形)に区割りされた土地を選びましょう。

スポンサーリンク

6.曰く付き(いわくつき)の土地、よからぬ気が充満していそうな土地

過去に、殺人事件や自殺、火事などの横死、横変死があった現場や、交通事故が多発する場所墓地跡や古戦場跡などは、「陰の気」が充満している可能性があるため、絶対に購入してはいけません。

タイトルとURLをコピーしました