間取りのプランニングの家相的ポイント

スポンサーリンク
間取り図のプランニング プランニング

マイホームのプランニングに、家相や風水を取り入れたいとお考えなら、まずは生年月日を用いるかどうかを決めて下さい。

家相と風水、ごちゃまぜになってきてはいますが、実は全くの別物で、家相は家や土地の見た目で占う「相術」ですから、誰が暮らしても吉方位や凶方位は固定されていますが、風水は生年月日を使って吉凶を導き出しますから、人によって吉方位も凶方位もまちまちです。

私は、生年月日は用いずに、家相だけでプランニングする方法を推奨しておりますが(昔の大工さんスタイル)、どれを信じるかは人それぞれですし、ご自身の心に響いたものを実践するのが一番だと思っています。

家相は、「間取りを占いで決めることには抵抗があるけれど、鬼門はちょっと心配」という人におススメです。

スポンサーリンク

家相を取り入れることを必ず設計士に伝えよう

家づくりには、家相よりも動線の良さ(住みやすさ)や、デザイン性が重要視される時代になりましたが、凸凹(欠け)の多い家や、鬼門を無視した家の割合が大きくなるにつれて、様々な家庭問題が増加してきたように感じます。

その原因が、家相を考慮しなくなったことだという根拠は全くありませんが、手相や顔相があるように、家の相にも良い相と悪い相があるのは確かです。

昔の大工さんは、設計と施工を兼ねていて、家相の知識も持っていましたから、特別なお願いをしなくても、「鬼門」や「張り欠け」を考慮した間取りを考えてくれたそうです。

しかし、最近では設計に家相を取り入れる事は皆無に等しいですから、お願いしなければ考慮してもらえません。お願いしたところで「は?」と言われてしまうかもしれませんが、家相がどうしても気になるなら、多少恥をかいても主張すべきです。一生に一度のマイホームですから、後からくよくよ後悔することだけは避けねばなりません。

しかし、あまりにものめり込み過ぎて、「方位家の家潰し(ほういかのいえつぶし)」になってしまっては元も子もなくなるので、どうしても思い通りのプランにならなくても思い詰めない事です。

どんなに家相が良くてもゴミ屋敷では運は下がるもので、最終的には「清潔」が一番ですから、家相が悪いところは特に重点的に掃除をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました